JAみえなかの特産品

伊勢茶でほっと一息

全国3位の茶処である三重県で生産される伊勢茶。当JA管内は南勢地区最大の茶産地です。
特に飯南地区は全国でも指折りの深蒸煎茶の産地で、全国茶品評会や関西茶品評会など各品評会で、多数入賞を果たしており、高品質な茶の産地としての地位を築いてきました。
また、美杉地区では主に煎茶を生産しています。

茶のレシピ

特  徴

  • 深蒸煎茶

    日本で一般的に飲まれている「煎茶」より、蒸す工程を長く(深く)して作られます。深蒸しすることで成分が浸出しやすく、水色が濃い緑色になるのが特徴。ほどよい渋みと苦みで、甘みのあるまろやかなお茶です。

  • 煎茶

    緑茶のなかでもポピュラーで、食事や休憩時など日常でよく飲まれています。収穫した茶葉を蒸し、揉みながら乾燥させて形を整えます。さわやかな香りが特徴で、甘みと渋みのバランスがよいお茶です。

家庭で飲む場合、茶葉は1ヶ月で飲みきれる量を購入するのがおすすめです。もし飲みきれずに湿気らせてしまった場合は、油気のないフライパンで軽く炒ると、また良い香りで飲むことができます。そのままじっくり炒ると自家製ほうじ茶も作れるので、味を変えて楽しみたい時にチャレンジしてみてください。

生産情報
(令和2年度)

  • 主な生産地域 飯南地区、美杉地区、嬉野地区
  • 主な出荷先 三重県内外
  • 出荷時期  

1番茶

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                                                                       

2番茶

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                                                                       

秋番茶

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                                                                       
ページTOPへ