事業計画

令和3年度事業計画テーマ

「多彩な農業」と「元気な地域づくり」に向けた地域とともに歩むJAみえなか

JAの使命である「地域の食と農、暮らし、いのちを守り支える活動」の強化のため、総合事業を継続することでJAの経営資源をより充実し、より広い地域で効率的に活用していくことが必要との考え方から「JAみえなか」が誕生いたしました。JAみえなかでは、農業・農村をめぐる厳しい情勢の変化に対応するため、JA全国大会で決議された「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」に寄与することを目的とし、『「多彩な農業」と「元気な地域づくり」に向けて組合員とともに歩むJAみえなか』を令和3年度の基本テーマに掲げ取り組んでまいります。

令和3年度事業計画基本方針

農業・農村を取り巻く環境は、農業者の高齢化や後継者不足による担い手・労働者不足が深刻化しており、耕作放棄地の増加など厳しい環境に直面しています。さらに、新型コロナウイルスの感染拡大により、生産・販売の両面で大きな影響を受けています。
そのような環境下で、総合事業を営むJAの強みと合併の効果を活かして、組合員のニーズに対応した競争力のある事業活動を展開いたします。その上で、組合員の持続可能な営農活動と生活の向上をはかるとともに、事業活動を通じて地域社会に貢献するため、次のことを事業運営の基本方針とします。

1.多彩な農業を維持拡大する改革の実践・継続

  • 農業と地域社会に根差した事業活動を展開します。
  • 組合員の営農生活に対応する営農指導体制を強化し、農業者の所得増大と地域農業の振興に取り組みます。
  • 農業再生協議会等の行政機関と一体となった農業振興に取り組みます。

2.協同活動の実践・継続による元気な地域づくりへの貢献

  • くらしの活動などを通じて、安心して暮らせる地域づくりや地域コミュニティの活性に取り組みます。
  • 食と農を基軸とし地域社会との交流を図り、元気な地域づくりに貢献します。
  • 地方公共団体や他の協同組合等、地域の多様な組織と連携し地域から求められる役割を発揮します。

3.環境変化を踏まえた総合事業による組織・経営基盤の強化

  • 組合員加入促進を積極的に進め、JAの事業利用を通じて組織活動への参加・参画を促します。
  • JAが実践する事業活動、自己改革の取り組みについて理解を促進する広報活動を展開します。
  • 営農・経済事業の収益力向上・収支改善に取り組み、持続可能な経営基盤の確立・強化に向けて事業運営の取り組みを行います。
ページTOPへ