(白山農機センター)農機展示会を実施します!

イベント情報, 新着情報, 更新情報

 

第3回クイズ&プレゼントを実施します!

イベント情報, 新着情報, 更新情報

 

(おすすめレシピ)スパイスで作る!本格モロヘイヤカレー

新着情報, 更新情報

 

広報誌「きずな」7月号を掲載しました

新着情報, 更新情報

 

(楽しく家庭菜園)「カラシナ」を掲載しました

新着情報, 更新情報

 

(トピックス)祈りを込めた七夕飾りを設置/大足店

トピックス, 新着情報, 更新情報

 

 JAみえなか大足店女性部は6月22日、手作りの七夕飾りを同店前に設置しました。

設置の様子

 七夕飾りを設置するのは今年で3年目。例年は笹飾りのみでしたが、今年は様々な素材で飾りつけた吹き流しも作成。SDGsを意識し、トイレットペーパーの芯やお菓子の箱などを再利用して作った飾りや、野菜のイラストをいくつもつなぎ合わせたものなど、バラエティ豊かな吹き流しが店舗前を賑わせています。また、ロシアによる侵攻が続くウクライナを応援する気持ちを込め、ウクライナの国旗の色である青と黄色の折り紙で作ったリースの吹き流しも設置しました。

さまざまな吹き流し

 笹飾りには女性部員らの願い事を書いた短冊を吊るしたほか、支店窓口に白紙の短冊を用意し、来店客にも願い事を書いてもらって吊るせるようにしています。
 近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください!

 

(ニュースリリース)祈りを込めた七夕飾りを設置/大足店

ニュースリリース, 新着情報, 更新情報

 

(ニュースリリース)香良洲小学校児童が梨の「袋掛け」を体験

ニュースリリース, 新着情報, 更新情報

 

当JAにおける新型コロナウイルス感染者の発生について

新型コロナウイルスに関する情報について, 新着情報, 更新情報

 

(トピックス)梨の果形調査を行いました/松阪地区

トピックス, 新着情報, 更新情報

 

当JA管内松阪地区梨研究部会は6月9日、今年度1回目の幸水梨の果形調査を行いました。

この調査は梨の果形を測り、肥大具合を調べるとともに、葉や果実をチェックし、病虫害の発生の有無について確認するものです。JA職員らが5つの園地を巡回し、各園地20個ずつの果形を測りました。

大きくなってきた梨

大きくなってきた梨

今年度は春先に温暖な気候が続いたことから例年に比べて開花が早い傾向。着果数が多く、肥大も順調に進んでおり、各園地とも病虫害の発生も見られず順調でした。

調査の様子

調査の様子

同部会では部員20人が5haの面積で「幸水」と「豊水」の2品種を栽培。1か月後には2度目の調査を行い、8月上旬から出荷を始める予定です。

 

 

当JAにおける新型コロナウイルス感染者の発生について

新型コロナウイルスに関する情報について, 新着情報, 更新情報

 

当JAにおける新型コロナウイルス感染者の発生について

新型コロナウイルスに関する情報について, 新着情報, 更新情報

 

令和3年度注記表及び附属明細書を掲載しました

新着情報, 更新情報

 

(JAバンク)JAネットバンクを悪用した還付金詐欺について

JAバンクからのお知らせ, 新着情報, 更新情報, 重要なお知らせ

 

(トピックス)蚕の飼育展示が始まっています

トピックス, 新着情報, 更新情報

 

JAみえなか郷土資料館では6月1日から蚕の飼育展示を開始しています。

給蚕の様子(6月1日)

給蚕の様子(6月1日)

令和2年度以降、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から一般公開を中止していましたが、今年は対策を行いながら3年ぶりに一般公開を実施しています。
また、1月から臨時休館としていた郷土資料館も、6月4日より通常通りの開館を再開します。

今年度は5月20日に掃立て(卵からのふ化作業)を行い、飼育を開始。小石丸や黄白など3種の蚕を飼育しています。

成長中の蚕

成長中の蚕(クリックすると大きく表示されます)

6月1日から20日まで、毎日9時から10時と、17時から18時に行う給蚕時間のみ見学が可能となっています。蚕の飼育が間近で見られるのは珍しいので、興味のある方はぜひお立ち寄りください。
また、同資料館の公式Instagramでも成育状況を発信していますので、そちらもぜひ見てみてくださいね。
 

(トピックス)麦刈りが始まっています

トピックス, 新着情報, 更新情報

 

JAみえなか管内では現在、小麦の収穫が始まっています。管内では松阪市が最も早く、5月25日から小麦の収穫が始まりました。例年より早い刈り始めとなり、当JAのカントリーエレベーターなどでは麦の受け入れに追われています。刈り入れ作業は6月下旬まで続く見込みです。

小麦の収穫風景

青空の下、生産者は収穫作業に追われています

当JA管内では今年度、95軒の生産農家が2,193haで小麦を栽培しています。品種はすべて「あやひかり」で主に三重県特産の伊勢うどんの原料として使われています。

(JAバンク)サマーキャンペーンを実施します

JAバンクからのお知らせ, 新着情報, 更新情報

 

(JAバンク)各種手数料を更新しました

新着情報, 更新情報

 

(地域を支える生産者)トウモロコシ生産者を掲載しました

新着情報, 更新情報

 

(トピックス)赤シソの出荷が始まりました

トピックス, 新着情報, 更新情報

 

JAみえなか秋冬野菜部会では5月27日から令和4年産赤シソの出荷を開始しました。初日は約70kgが出荷されました。

赤シソ

赤シソ

出荷開始に先駆けて、26日には目ぞろえ会を開き、実際の赤シソを見本に、出荷規格について再度徹底を呼び掛けました。

実際の赤シソを見本に説明しました

実際の赤シソを見本に説明しました

今年度の赤シソは2月中旬の播種以降、気温が低く推移したことから生育が遅れ気味だったものの、3月中旬から気温が上昇したことにより回復。例年通りの出荷開始となりました。

 

(郷土資料館)蚕の飼育展示を見学しませんか?

イベント情報, 新着情報, 更新情報

 

JAみえなか郷土資料館では6月1日から蚕の飼育展示を開始します。
一志町でかつて盛んだった養蚕業の歴史を現代に伝えるため、「蚕糸研究会」と「一志町歴史語り部の会」が中心となり、毎年蚕の飼育展示を行っています。令和2年度からは新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から一般公開を中止していたため、今年度は3年ぶりの一般公開です!

蚕の飼育展示が見られるのは全国的にも貴重です。以下の日程にて一般公開しますので、ぜひお立ち寄りください!

 

※臨時休館中の郷土資料館につきまして、6月4日(土)より再開します。是非併せてご来館ください。
(開館日程は以前の通りですので、詳しくは郷土資料館ページをご確認ください)

蚕飼育展示の様子

 展示期間 
令和4年6月1日(水)~6月20日(月)※土日も開催しています。
◆見ごろ◆
・6月10日~15日(蚕の幼虫が大きくなり、桑の葉を食べる姿が見られます)
・6月20日前後(繭を作り始める姿が見られます)
※蚕の生育状況によって期間が前後する場合があります。

 見学・給桑(きゅうそう)時間 
・9:00~10:00
・17:00~18:00
(時間内であれば自由にご見学いただけます)

 場所 
郷土資料館横体験室

(ニュースリリース)蚕の飼育展示を行います

ニュースリリース, 新着情報, 更新情報

 

一部事業所営業時間変更のお知らせ

新着情報, 更新情報, 重要なお知らせ

 

(トピックス)令和4年産エゴマ生産に向け播種を行いました

トピックス, 新着情報, 更新情報

 

JAみえなかでは5月20日に令和4年産エゴマの播種を行いました。
今後、6月中旬以降の供給を目指し、管理していきます。

この日は128穴のセルトレイ116枚分を播種。土を入れたセルトレイに手作業で2粒ずつ種をまいていきました。

手動播種機を使って種をまきました

当JA松阪地区の中山間地域では鳥獣害に強い農産物振興を目指してエゴマの栽培を開始。今年で7年目となり、現在14軒の生産者やグループなどが約60aで栽培しています。

生産したエゴマは「えごま油」に加工して販売。管内の農産物直売所「きっする黒部」で買えるほか、全国への発送も可能です。

 

 

古い投稿ページへ
ページTOPへ